育毛剤 効き目

評価

 

評価

 

評価

 

髪の毛が細くなってしまう原因|脂漏性皮膚炎とその対策

 

髪の毛の軟毛化は遺伝などの先天性の原因より、生活習慣や食生活の乱れによるものが大きく影響すると言われています。過度な精神的なストレスや、就寝前のパソコンやゲームの強い光での交感神経の刺激による睡眠障害など、その原因はさまざまです。

 

 

ストレスによる軟毛化

 

「会社でのストレス」溜めこんでいませんか?ストレスと言っても人それぞれありますが、概ね会社や家庭でのストレスが多いでしょう。ストレスを溜めている自覚がない人でも体はウソをつきません。生活の中での過度な精神的ストレスは髪の毛に栄養を送りにくくする要因のひとつです。

 

 

寝不足や睡眠障害

 

髪の毛はあなたが寝ている間に成長します。夜22時〜深夜2時の間は成長ホルモンが活発に働き、髪の毛が最も成長する時間帯といわれています。この4時間の間に毛根内部の細胞が細胞分裂を繰り返し、髪の毛を成長させているのです。寝不足や睡眠障害は髪の毛の成長を妨げ、毛髪周期を乱し軟毛化を誘発してしまいます。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂の過剰分泌などにより、変性した表皮膜や腐敗産物などが毛包に作用することで毛母細胞に障害を及ぼし、毛周期が短縮されることで、脱毛を助長してしまいます。

 

引用元:つむじハゲの原因と対策

 

偏食とコンビニ弁当

 

私たちの体の栄養補給のほとんどが口から取り入れられた「食べ物」によるものです。今日食べた食事の栄養が明日の活力となっていくのです。揚げ物や炭水化物に偏った食事は、髪の毛や皮膚の新陳代謝に必要な栄養素であるビタミンや亜鉛、カリウムなどを不足させます。

 

コンビニなどで売られている食品には、売れ残り防止の観点から弁当や食材に防腐剤や保存料が使用されています(無添加のものもありますが・・)これらの添加物は血液中のコレステロール値の上昇、動脈硬化を促し、髪の毛の成長にも大きく影響します。

 

 

 

血行不良が髪の毛の成長を妨げ男性型の薄毛と発展する

 

血行不良が頭皮の土壌を痩せさせる

 

日常的なストレス、就寝前の交感神経の刺激による寝不足、コンビニ弁当、菓子や甘いものばかりに偏った食事は、私たちの体の成長ホルモンバランスを崩し、血液の流れを阻害します。髪の毛の成長には血液から運ばれてくる酸素やビタミンなどの栄養が必要です。

 

血行が悪くなってしまった頭皮は土壌が痩せてしまい、健康的な太くてたくましい毛髪を育てることができません。柔らかくてヒョロヒョロな髪の毛ばかりが生えてしまい、栄養のない土壌は外部からの抵抗力を失います。

 

 

痩せた頭皮は男性型脱毛症(AGA)へと進展していく

 

男性の薄毛の原因となる約90%が男性型脱毛症(AGA)という病気です。悪玉の男性ホルモンが髪の毛の成長周期を乱し、髪の毛をミニチュア化させ軟毛へと導きます。本来なら生え続けるはずの髪の毛が抜け落ち、さらに軟毛化が進むことにより髪の毛の密度が薄くなり地肌が見えるようになってしまいます。

 

AGAには適切な処置が必要です。先述したストレスや偏食、睡眠不足を解消させたところでAGAの症状が良くなっていくことはありません。よく薄毛には頭皮のマッサージが良いと言いますが、それはAGAの進行を鈍らせるだけで髪の毛を生やすことはありません。AGAによって痩せた頭皮には適切な栄養を注ぐ必要があるのです。

 

 

太くコシのある髪の毛を取り戻すための対策

 

 

効果が期待できて継続しやすいのは育毛剤

 

お金に余裕があって都心部に居住しているなら、いちばん手っ取り早くて確実性が高いのは、AGA専門クリニックに通うことです。週に2〜3回程度通院し医師の診断を受けながら、毛髪の生え方や頭皮、体調などを考慮して最善の方法を医師と相談しながら治療できます。

 

しかし、クリニックのデメリットは、「金銭的に余裕がないと通えない」ということです。

 

次に効果が高いと期待されるのが海外の育毛剤ですが、日本では製薬していないため輸入がメインの入手となります。バイアグラなどと同じような存在です。副作用などの危険性もあることから不安です。

 

 

天然の育毛剤には体に悪いような添加物は入っていません。日本の工場で作られた育毛剤で、古くから伝わる漢方成分を存分に使用し、シリコンや石油系の界面活性剤などの化学添加物を一切使わない無添加の商品を選ぶといいでしょう。

 

禁煙や禁酒は吸いたくても吸えないことで余計なストレスが溜まってしまい結果的にストレス性円形脱毛や睡眠障害になってしまうこともあるのでおススメしません。

 

育毛シャンプーは育毛効果は証明されていません。頭皮ケアという位置づけで使用するといいでしょう。シャンプーに過度の期待を寄せてはいけません。