若ハゲ 治す

評価

 

評価

 

評価

 

頭皮のムンムンしたニオイを止めるには適切な頭皮のケアが重要です。正しい頭皮ケアについて説明していきます。

 

 

頭皮の洗いすぎも良くないが、洗わないのはもっとダメ!

 

一日の汚れは必ずその日の内に洗い流すことを心掛けましょう。髪の毛の成長がいちばん活発になるのは夜22時〜深夜2時までの間です。この時間帯には必ずキレイな頭皮の状態を保つようにしましょう。次の日の朝シャンプーをするのではなく、その日の夕方には洗髪して清潔な状態で就寝してください。

 

たまに、夜と朝シャンプーをする
人がいますが、頭皮の環境を整えるといった面ではあまり良いことではありません。頭皮を守る皮脂は通常、頭全体に薄い膜を張り外部からの刺激や常在菌の増殖を防いでいます。過剰な洗髪は頭皮に必要な皮脂までそぎ落としてしまう恐れがあるのです。

 

シャンプーは1日1回、その日の夕方、就寝前に行うようにしてください。シャンプー時は上述した「頭皮マッサージ」を実施し血行促進と適度な洗浄を心掛けるようにしてください。

 

シャンプー剤選びにも気を使おう!

頭皮マッサージを行っていくうえでシャンプー選びも重要になってきます。一般的に販売されているシャンプーには界面活性剤に高級アルコールが使用されています。これは、頭皮への刺激が強く、洗浄力が非常に強いです。こういったシャンプー剤でマッサージをしてしまうと強い洗浄成分が角質層まで浸透してしまい、頭皮の組織を余計に傷つけてしまいます。頭皮への刺激を考慮して、スカルプシャンプーなどで使用される「アミノ酸系」のシャンプーを使用すると良いでしょう。

 

 

 

ここまで頭皮ケアはあくまでつむじハゲの進行を食い止めるために行う進行防止策であり、抜けてしまった髪の毛は戻ってきません。

 

もし、育毛や発毛に目を向けるなら育毛剤を使って発毛を促進していくことをおすすめします。

 

育毛剤ならなんでもいいのかというとそうでもありません。必ず頭皮への刺激を第一に考える必要があります。シリコンや鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンなどが配合されているものは刺激が強いので避けた方がいいでしょう。

 

上記で行ってきた血行促進や炎症を抑える頭皮ケアを継承するかたちで、互いの効果を補いつつ相乗効果のある育毛剤を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

確実性が高いのはAGA専門クリニックで適切な治療を受けることです。医師の診断を受けながら、毛髪の生え方や頭皮、体調などを考慮して最善の方法を医師と患者で相談して決めることができます。

 

しかし、クリニックのデメリットは、「金銭的に余裕がないと通えない」ということです。

 

次に効果が高いと期待されるのが海外の育毛剤ですが、日本では製薬していないため輸入がメインです。バイアグラなどと同じような存在です。薬効が強いため副作用などが不安です。天然成分のみで作られた育毛剤には体に悪いような添加物は入っていません。髪の毛を生やすために体調を崩してしまっては元も子もないですからね。日本製の育毛剤のなかでも、漢方の力を存分に使用した商品を選ぶといいでしょう。

 

禁煙や禁酒は薄毛の予防対策ですので、既に薄毛が気になっている人は「育毛や発毛」をしていく必要があります。

 

育毛シャンプーは頭皮ケアという位置づけで使用するといいでしょう。薬用、育毛シャンプーには髪の毛を育てる力はありません。

 

 

 

髪の毛が柔らかくなってしまう原因は、生活習慣の乱れから徐々に進行していく

 

 

髪の毛の軟毛化は遺伝などの先天性の原因より、生活習慣や食生活の乱れによるものが大きく影響すると言われています。過度な精神的なストレスや、就寝前のパソコンやゲームの強い光での交感神経の刺激による睡眠障害など、その原因はさまざまです。

 

 

ストレスによる軟毛化

 

「会社でのストレス」溜めこんでいませんか?ストレスと言っても人それぞれありますが、概ね会社や家庭でのストレスが多いでしょう。ストレスを溜めている自覚がない人でも体はウソをつきません。生活の中での過度な精神的ストレスは髪の毛に栄養を送りにくくする要因のひとつです。

 

 

寝不足や睡眠障害

 

髪の毛はあなたが寝ている間に成長します。夜22時〜深夜2時の間は成長ホルモンが活発に働き、髪の毛が最も成長する時間帯といわれています。この4時間の間に毛根内部の細胞が細胞分裂を繰り返し、髪の毛を成長させているのです。寝不足や睡眠障害は髪の毛の成長を妨げ、毛髪周期を乱し軟毛化を誘発してしまいます。

 

 

偏食とコンビニ弁当

 

私たちの体の栄養補給のほとんどが口から取り入れられた「食べ物」によるものです。今日食べた食事の栄養が明日の活力となっていくのです。揚げ物や炭水化物に偏った食事は、髪の毛や皮膚の新陳代謝に必要な栄養素であるビタミンや亜鉛、カリウムなどを不足させます。

 

コンビニなどで売られている食品には、売れ残り防止の観点から弁当や食材に防腐剤や保存料が使用されています(無添加のものもありますが・・)これらの添加物は血液中のコレステロール値の上昇、動脈硬化を促し、髪の毛の成長にも大きく影響します。