若ハゲ 治す

評価

 

評価

 

評価

 

シャンプーのやり方を見直して過剰な皮脂の分泌をストップ!

 

皮脂の分泌は頭皮に張られた膜が薄くなってしまうと分泌を開始します。市販のシャンプーに使用される界面活性剤は洗浄力が強く、必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。これが過剰な皮脂の分泌につながっているので、シャンプー剤をアミノ酸系に切り替え、頭皮をやさしくマッサージするように洗髪しましょう!

 

清潔な頭皮に抗炎症作用のある育毛剤を!

 

炎症を起こした頭皮には適切な抗炎症作用のあるものを施さなければいけません。育毛剤のなかには炎症を抑え、頭皮環境を整え髪の毛の成長を促す効果がある商品があります。

 

洗髪後の清潔な頭皮にサッと振りかけることで炎症を抑え嫌なニオイやベタベタを消し去ります。

 

お金が掛かってもいい人は早めに皮膚科の診断を!

 

確実に治したいのであればやはり皮膚科医師の診断を受けた方がいいでしょう。全国主要都市でAGA(男性型脱毛)治療を行っている皮膚科数か所あります。早めに皮膚科の医師の診断を受けてください。

 

 

育毛シャンプー使ってるから大丈夫?

頭皮のニオイを取り除くために炎症を抑えることは非常に重要です。炎症を抑えこむだけならシャンプーだけでも充分ですが、既に抜け毛や脱毛、かゆみやフケが気になる程に進んでしまっているならシャンプーだけでは力不足です。育毛シャンプーの中には育毛成分やホルモンバランスを整える成分は含まれていません。

 

 

 

 

冒頭では「つむじハゲは遺伝しない」と断言していますが、明確には遺伝します。細かくいうとハゲやすい体質が遺伝するのです。

 

髪の毛は毛根内部にある毛母細胞の細胞分裂の繰り返しで成長していきますが、成長を止めてしまうのが脱毛ホルモンの働きによるものです。

 

脱毛ホルモンとは、男性ホルモンである「テストステロン」と還元酵素の「5αリダクターゼ」が結合してできるホルモンで、通常の5倍以上の生理作用を起こします。

 

 

遺伝するのは「5αリダクターゼ」が生成される量です。この5αリダクターゼの量が多いことで、脱毛ホルモンの生成を助長していまいつむじハゲが進行していきます。

 

厳密にいうとハゲは遺伝する傾向にありますが、対策が不可能な遺伝ではありません。5αリダクターゼの生成を抑制し、頭皮の環境を整えることでつむじハゲの進行をくいとめることができます。

 

 

皮膚科で行う治療も特別なことをしているわけではなく、やっていることは同じです。

  • 頭皮の環境をチェック
  • 5αリダクターゼを抑制
  • 外用薬で育毛

結局は皮膚科治療もこれを繰り返すことでつむじハゲは改善させます。

 

プロの手を借りずとも自宅で簡単にやれてしまうのが育毛剤が便利な部分です。しかし、育毛剤はしっかり選んでくださいね!

 

 

 

5αリダクターゼを抑制するのはチャップアップ

 

 

 

チャップアップは5αリダクターゼの生成を抑制し、頭皮の炎症を抑えることでつむじハゲを根本から治します。

 

「遺伝だから仕方ない」と諦めかけていたあたなの髪の毛を半年後、1年後にフサフサにするする育毛剤はチャップアップです。